日本の民主主義の現状と多元的価値観

2017/01/04

3・11以降に読んだ地震と原発に関する本

 朝日新聞特別報道部『プロメテウスの罠』(学研)は朝日新聞に連載された福島原発事故の真実を追求するルポルタージュ、現在1、2が単行本になっており、一挙に読む。

プロメテウスの罠―明かされなかった福島原発事故の真実
朝日新聞特別報道部
学研パブリッシング
2012-03-01


プロメテウスの罠 2
朝日新聞特別報道部
学研マーケティング
2012-07-03



 ここで昨年の3・11以後に読了した地震と原発に関する本を紹介しておこう。



東京に原発を! (集英社文庫)
広瀬 隆
集英社
1986-08-01


三陸海岸大津波 (文春文庫)
吉村 昭
文藝春秋
2004-03-12


原子炉時限爆弾
広瀬 隆
ダイヤモンド社
2010-08-27


福島原発人災記――安全神話を騙った人々
川村 湊 著
現代書館
2011-04-25




原発大崩壊! 第2のフクシマは日本中にある (ベスト新書)
武田 邦彦
ベストセラーズ
2011-05-14



原発のウソ (扶桑社新書)
小出 裕章
扶桑社
2011-06-01



福島原発の真実 (平凡社新書)
佐藤栄佐久
平凡社
2011-06-23




日本の原発危険地帯
鎌田慧
青志社
2011-04-10



 スリーマイルやチェルノブイリの事故で明らかになっていたことを原子力村の人たちがいかに無視してきたか。フクシマがおこるべくしておこったことを私たちはこのような本からしっかりまなばなければならない。


tadanoumiwakimoto at 00:03
日本の民主主義の現状と多元的価値観